スペックをちゃんとチェックして冷凍車を選びましょう。冷凍車と言っても数多くのタイプがあって、寸法だけではなく冷凍の性質も個々の商品で違うので、活用する用途に合わせて、一番適した冷凍車をチョイスして購入するようにしなければいけないのです。
昔の冷凍車は、コンテナにある冷凍装置の電源をトラックの本体電源と一緒にしていたため、エンジンを切ると冷凍装置も停止してしまいました。ですが、今の冷凍車は冷凍装置の第二電源を別に準備しています。夜の積み置きや予冷もできるように改良されています。最新の冷凍車はハイブリッドの予備電源を冷凍にあてています。
今はハイブリッドの冷凍車も登場しており、エンジンを停止している最中は、ハイブリッド電源を使ってコンテナ内を氷点下に保てる車種まであるのです。とても効率的に荷台内を冷却できます。荷台内にも独立した冷却器機が用意され、超低温タイプではマイナス25℃まで冷凍ができます。

文字の通り0℃以下の温度をキープできるトラックを冷凍車と言います。最も低温にすると零下25℃前後までいけます。ちなみに冷蔵車とは10℃くらいから0℃くらいまで室内温度を維持できるトラックを差します。0℃が冷凍車と冷蔵車の境になると言えます。
エンジンをストップしても冷凍機能が継続する冷凍車と、エンジンを切ると冷凍モードまでストップする冷凍車が混在しています。後者はエンジンの回転で冷凍機器を動かすので、常にエンジンを付けていないと、冷凍が停止してしまうのです。そのため停車中もエンジンはアイドリングを続けており、燃費効率はとても悪くなります。
高度なシステムを搭載している冷凍車です。当然ですが機会系統トラブルが通常のトラックよりも少し多いです。その点はデメリットと言えそうです。手入れの個所も増えていくので、維持管理費もちょっと余分にかかってくるデメリットもあると言えそうです。日常的な扱いもデリケートにする必要があります。

一般のトラックならば、4トン車で1リットル7キロ前後です。ほとんどどのメーカー製でも国内産のモデルは同程度です。その上で荷台を冷凍機能付にするとどうしても車体の重さが増えてしまいますし、アイドリング状態でエネルギーを消費するので、燃費は低下してしまいます。ただし、ハイブリッドタイプになってくると燃費は10キロを超えます。
さまざまなサイズの冷凍トラックが販売されています。軽トラックの大きさから4トンロングの冷凍車まで何種類もそろっているので、配送荷物に合わせてトラックのサイズを変更するといいと思います。中にはワゴン車の冷凍車も存在します。食品を運搬するだけではなく、氷柱のモニュメントなどを運搬もできる優れものです。